ベトウェブはホーチミンシティを中心に動画で情報発信するベトナム旅行・観光情報サイトです。動画を通じてベトナムの新たな魅力を発見してください!

街歩き

ベトナム・ホーチミンの雨季は5月~10月くらいまで。雨季といっても日本の梅雨のようにジトジト、ジメジメと1日中降り続く雨とは少し違います。ドバーっと降っては止んでの繰り返しっていう感じですね。でもスコールの後は、埃っぽい街もすっきり、意外に涼しくなって清々しい感じになります。すぐ止む場合もありますが、1時間~2時間程度足止めを食らってしまう時も。そんな時はカ

ベトナムはブラジルに次ぐコーヒーの輸出大国。市内各所には数多くのカフェが点在しカフェ文化が根付いています。その中でもチュングエンコーヒーに次ぐ店舗数を誇る有名なコーヒーチェーンがハイランズコーヒー。ベトナムでは中部の高原都市バンメトート地方(高地)が主なコーヒーの生産地なので、高地=HIGH LANDSと命名されたのでしょうか。ハイランズコーヒーはローカルの

統一会堂を背にレユアン通りを下るとサイゴン動植物園があります。そこには歴史博物館等もあり、特に休日には、地元の家族連れやカップル、旅行者の人たちで賑わっています。サイゴン動植物園の正面ゲート前には、その来場者目当てのタクシーやシクロもよく停まっています。そんな中、面白い変わったタクシーが客待ちで停まっていましたので早速取材。やや小型の車両ですが、車内にたくさ

ベトナム人は性格的にとても人懐っこいですね。特に南部のベトナム人は外国人や旅行者に対して開放的で、フレンドリー。親日的な方も多いです。警戒心はあまりなく言葉が分からなくても自然な笑顔で接してくれます。ベトナム人は言葉が分からなくても、身振りなり何らかの形で答えてあげようと努力してくれますね。今回出会った高校生もそうでした。明るい笑顔で「コンニチワ!」「サヨナ

サイゴン大教会(聖マリア教会)がすぐ目の前にある公園です。4月30日公園とは1975年4月30日、南ベトナムが解放されたことを記念して命名されたのではないでしょうか。この公園は、ホーチミンの学生や若者たちのデートスポットでもあり、憩いの場でもありますね。周辺にはカフェも並び、中央郵便局や統一会堂、ダイヤモンドプラザなどの観光スポットにも近い場所にあります。ホ

サイゴン大教会(聖マリア教会)がすぐ目の前にある公園です。4月30日公園とは1975年4月30日、南ベトナムが解放されたことを記念して命名されたのではないでしょうか。この公園は、ホーチミンの学生や若者たちのデートスポットでもあり、憩いの場でもありますね。周辺にはカフェも並び、中央郵便局や統一会堂、ダイヤモンドプラザなどの観光スポットにも近い場所にあります。ホ

エネルギッシュで経済発展著しいベトナム。ベトナムでは老若男女、早朝から元気に働いています。 そんな街の活気や元気な姿を見ていると、いったいその元気の源はどこにあるのだろうと思ってしまいます。それはベトナムの朝の風景にあるのでは?ということで公園へ行ってみました。皆さん早朝から公園で体操や散歩、筋力トレーニング等、元気に体を動かしています。健康に対しての意識も

看板を埋める日本語や店構えを見ているとベトナムにいることを忘れそうなレタントン通り。和食が恋しくなったらとりあえず「リトルトーキョー」といわれるレタントン通りへ。居酒屋、焼肉、寿司、刺身、ラーメン、おでん、お好み焼き、コンビニ、漫画喫茶、日本食材店、カラオケラウンジ…なんでも揃っています。駐在日本人ビジネスマンやその家族も多く居住しているエリアでもあります。