ベトウェブはホーチミンシティを中心に動画で情報発信するベトナム旅行・観光情報サイトです。動画を通じてベトナムの新たな魅力を発見してください!

街歩き

ホーチミン市内を歩けば、たくさんの路地があります。一歩路地へ足を踏み入れると、通りの喧噪とは打って変わって、静かな生活空間が広がっています。今回は、グエンチャイ通りから入った路地を散歩してみました。路地では、ローカルの日常生活に触れることができます。声をはりあげながら果物を売り歩く屋台のおじさんやおばさん、生活雑貨を売り歩くおばさん、食事をする家族、コムタム

ホーチミン市の中心部、ハムギー通りとヒュントゥックカン通りを結ぶ道「トンタットダム通り」にあるオールドマーケット。この市場には肉や魚などの食料品や日用品が売られている屋台が並んでいます。中心部にありながらローカルに密着した生活市場で、昔の「サイゴン」を思わせる懐かしの光景があります。オールドマーケットから空を見上げればサイゴンスカイデッキがそびえ立っています

看板を埋める日本語や店構えを見ているとベトナムにいることを忘れそうなレタントン通り。和食が恋しくなったらとりあえずベトナム・ホーチミン市の「リトルトーキョー」といわれるレタントン通りへ。居酒屋、焼肉、寿司、刺身、ラーメン、おでん、お好み焼き、コンビニ、漫画喫茶、日本食材店、カラオケラウンジ…なんでも揃っています。駐在日本人ビジネスマンやその家族も多く居住して

ブイビエン通りは、各国からのバックパッカーで賑わう街です。この界隈には多くのミニホテルやカフェ、レストラン、バー、ローカル屋台が集まり各国からのバックパッカー、旅行者まで昼夜を問わず賑わいをみせる街です。生活者と旅行者がともに混在しているエリア。通りは深夜まで音楽が響き渡り、毎日がお祭り状態のとてもエキサイティングな街。

ベトナム・ホーチミン市5区にあるアンドン市場。市内ベンタイン市場からタクシーで15分程度、ホテルニッコーサイゴンからは5分程度。チャイナタウン、チョロン方面へ走ります。この市場も負けず劣らず、生地や洋服、雑貨、お土産品などなど品数も豊富。地下1階から3階までぎっしり詰まっていますよ!交渉次第では価格もベンタイン市場よりさらに安くなるかも!?小腹が空いたら地下

ベトナム・ホーチミン市のバックパッカー街、ファングーラオ通りの一番端の一角にあるタイビン市場。市場といってもこの市場は観光客の多いベンタイン市場とは違って、とてもローカル色の強い市場です。タンビン市場は、野菜に果物、肉、魚がとても豊富!もちろんちょっとした日用雑貨も売っています。市場に隣接したテントには、ブンボーやフォー、春巻き、チェーなどたくさんのベトナム

ホーチミン市4区の貝屋へ行ってきました。4区の貝屋街でも色んな種類の貝や蟹が並んでいて毎晩賑わっていますね。相変わらずモッハイバーヨー!(1、2、3、乾杯! Mot hai ba, dzo!)の声が飛び交っています。ベトナム人は貝料理もモッハイバーヨーも大好き!モッハイバーヨー!と何度も乾杯しながら飲んでいます!貝料理をツマミにヨー!ヨー!とビールを飲んでま

ブイビエン通りやファングーラオ通り界隈は、各国からのバックパッカーで賑わう街。多くのミニホテル、ゲストハウス、ツアーデスク、カフェ、レストラン、バーが集まりバックパッカーや旅行者で昼夜を問わず賑わいをみせる街です。通り沿いにも路地にもカフェやゲストハウスがあり、生活者と旅行者がともに生活をしているというエリア。街は網の目のように路地がいりくんでいて、まるで迷