ベトウェブはホーチミンシティを中心に動画で情報発信するベトナム旅行・観光情報サイトです。動画を通じてベトナムの新たな魅力を発見してください!

交通

ホーチミンシティとハノイを結ぶベトナムの大動脈「南北統一鉄道」。サイゴン駅を南の始発駅とし北はハノイ駅までその長さは1726kmに及び、サイゴン駅は1936年フランス植民地時代に南北線の駅として建設されました。この路線は、戦争により幾度となく破壊されては復旧を繰り返しながら、ベトナム戦争終結1年後の1976年に全線が開通しました。かつてサイゴン駅は、ベンタイ

ホーチミンでまず一番最初に驚くことといえば、それは間違いなくバイクの量の多さではないでしょうか。大量に押し寄せてくるバイクや車の波の道路を渡ることも命がけ?信号無視、逆走するバイク、歩道を走るバイクにも遭遇します。そこで、できるだけ安全に道路を渡るためのコツを記しておきますので参考にしてください。①ドライバーは歩行者をよけながら、動きを予測しながら運転するこ

ホーチミンでは昼夜を問わず、バイク、クルマ、バス、トラックが溢れています。特にこのベンタイン市場前のロータリーを渡ることは不慣れな旅行者にとっては非常に危険です。このロータリーにはハムギー通りやチャンフンダオ通りをはじめ4つの大きな通りが交差し、おまけにバスセンターもあってとても混雑しています。バイクやクルマ、バスがどんどん押し寄せるこのロータリーを横切るこ

タンソンニャット空港とベンタイン市場前のバスセンターを結ぶ152番の路線バス。国際線到着口を出て右方向(国内線方面)へ歩いて行くと停留所に152番のバスが停車しています。乗車料金は5000ドン。スーツケースなど手荷物の大きさによって乗車料金とは別途数千ドン発生しますので、ご確認ください。終点のバスセンターからはバックパッカーの街デタム、ファングーラオ界隈も近

自転車の前にリヤカーにシートをつけたような乗り物がシクロ。これまたベトナムらしい風情のある乗り物で速度もゆっくりと走るので街の景色を楽しみながら移動するには最高の乗り物。ベンタイン市場周辺にも観光客目当てのシクロがたくさん集まっています。これもバイクタクシーと同じく数多くのトラブルが発生しています。悪質なドライバーもたくさんいますので事前の料金交渉には細心の

ホーチミンでは昼夜を問わず、バイク、クルマ、バス、トラックが溢れています。道路には横断歩道や信号がある交差点があるものの、ドライバーからするとほとんど守られていないのが現状。このバイクの波の中を歩いて渡る・・・ホーチミン旅行者にとっては最初の試練となること間違いなし。市場やショッピングセンターへ買物、レストランで食事、ホテルへ帰る・・・必ず道路を渡らなければ

国際線ターミナルのすぐ横にある旧ターミナルは、かつてはサイゴン国際空港とも呼ばれ、国内・国際線共用のターミナルでしたが2007年8月に新国際線ターミナルの供用が開始されたことに伴い、現在は、国内線ターミナルとして利用されています。1950年代、アメリカの援助で南ベトナムの主力国際空港として建設、ベトナム戦争中にはアメリカ軍の重要な軍事施設でしたが1975年4

タンソンニャット国際空港の到着口は、家族や親戚のお迎え、旅行者のお迎えの人たちで賑わっています。久しぶりに故郷へ帰ってきた親族を抱きしめながら迎えるベトナム人たちもよく見かけます。不安げな表情でお迎えの人や名前を書いたボードを探す旅行者の方もいらっしゃいますね。到着口でも出発口同様に、様々な出会いのドラマがありますね。また、到着口や出発口にはスターカフェ、バ