ベトウェブはホーチミンシティを中心に動画で情報発信するベトナム旅行・観光情報サイトです。動画を通じてベトナムの新たな魅力を発見してください!

タンソンニャット国際空港 国際線到着口の案内①

トラフィック

ホーチミンの空の玄関口、タンソンニャット国際空港はホーチミン市街中心部から北方約8kmの位置にある国際空港。フランス植民地時代の1930年代に作られた、とても歴史の古い空港です。2007年日本のODAにより新ターミナルが完成しました。すぐ横にある旧ターミナルはかつてはサイゴン国際空港とも呼ばれ、現在は、国内線ターミナルとして利用されています。1950年代、アメリカの援助で南ベトナムの主力国際空港として建設、ベトナム戦争中にはアメリカ軍の重要な軍事施設でしたが1975年4月、軍に包囲され、ベトナム戦争終結を迎えた場所でもあります。 新ターミナルは4階建て。1階が到着出口(入国)、2階が出発口(出国)となっています。日本のODAで造られた新国際ターミナルは、謝辞として、タンソンニャット国際空港には、ベトナム政府から感謝の言葉が書かれた石碑が立っており、日本語とベトナム語で書かれてあります。

マップ

タンソンニャット国際空港 国際線到着口



ベトナム・ホーチミン観光の目玉といえばベンタイン市場。まずホーチミンで訪れる場所といえばココ!というくらい有名ですね。昼間のベンタイン市場は、熱気と人の多さで足

>>詳細はこちら

看板を埋める日本語や店構えを見ているとベトナムにいることを忘れそうなレタントン通り。和食が恋しくなったらとりあえず「リトルトーキョー」といわれるレタントン通りへ

>>詳細はこちら

  • ベトナム基礎知識
  • ベトナム語
  • ベトナム女子・男子
  • 交通
  • 観光
  • グルメ
  • カフェ
  • ショッピング
  • イベント
  • 街歩き
  • 市場
  • 生活・仕事
  • ▲ページトップへ