ベトウェブはホーチミンシティを中心に動画で情報発信するベトナム旅行・観光情報サイトです。動画を通じてベトナムの新たな魅力を発見してください!

ベトナム基礎知識

1

①ベトナム社会主義共和国。首都はハノイ②ベトナム最大の商業都市ホーチミンシティは1975年までは「サイゴン」と呼ばれていた③世界遺産「ハロン湾」「ミーソン」「ホイアン」「フエ」④公用語ベトナム語、通貨=ドン(VND)⑤時差(日本時間のマイナス2時間) ベトナムはまだまだ発展途上の社会主義国家で人口約8600万人、人口の約60%が30歳以下といわれ非常

熱気と喧騒、活気溢れるエネルギッシュな街、悠久の歴史と多彩な文化と魅力が充満し、昔と変わらない懐かしい光景も生き続けているベトナム・ホーチミンシティ。街中にはバイクが溢れ、クラクションが鳴り響く。ローカルならではの生活の匂いが充満し、人々の日常生活にはなんとなく懐かしさを感じ、そしてベトナムの人々の笑顔に癒される。そんなベトナム・ホーチミンシティを簡単にまと

熱気と喧騒、活気溢れるエネルギッシュでドラマチックな街、悠久の歴史と多彩な文化と魅力が充満した街、ホーチミンシティ。ベトナム戦争が終結し、解放される1975年までは「サイゴン」と呼ばれていたベトナム最大の商業都市、ホーチミンシティ。かつて「プチパリ」とも称えられていた美しい街並みは、ここ十数年で急激な変貌を遂げました。

整然と並ぶ街路樹やシックなコロニアル様式の建物・・・今ではその面影も少なくなった。しかし、一方で、昔と変わらない懐かしい光景も生き続けている。市場に行けばメコンの恵みをいっぱいに授かった南国特有のフルーツが山積みされ、裏通りには天秤棒を下げた威勢のいいおばさんが行き来する。路地を歩けば庶民の日常生活にもふれあい、ローカルグルメも味わえる。そんなベトナム・ホー

熱気と喧騒、そして活気に溢れ、多彩な文化・魅力が充満しているエネルギッシュでドラマティックなベトナム・ホーチミンシティ。街中にはバイクが溢れ、クラクションが鳴り響く。ローカルならではの生活の匂いが充満し、人々の日常生活にはなんとなく懐かしさを感じ、そしてベトナムの人々の笑顔に癒される。そんなベトナム・ホーチミンシティを簡単にまとめてみました。面白い国ですね、

ベトナム・ホーチミンの雨季は5月~10月くらいまで。雨季といっても日本の梅雨のようにジトジト、ジメジメと1日中降り続く雨とは少し違います。ドバーっと降っては止んでの繰り返しっていう感じですね。でもスコールの後は、埃っぽい街もすっきり、意外に涼しくなって清々しい感じになります。すぐ止む場合もありますが、1時間~2時間程度足止めを食らってしまう時も。そんな時はカ

ホーチミンでまず一番最初に驚くことといえば、それは間違いなくバイクの量の多さではないでしょうか。大量に押し寄せてくるバイクや車の波の道路を渡ることも命がけ?信号無視、逆走するバイク、歩道を走るバイクにも遭遇します。そこで、できるだけ安全に道路を渡るためのコツを記しておきますので参考にしてください。①ドライバーは歩行者をよけながら、動きを予測しながら運転するこ

1